株式会社ナチュラリンク

オーガニック健康食品・化粧品の原料販売とOEM企画製造のナチュラリンク

紫イペ(パウダルコ)エキス末

製品名 性状 包装形態 出荷単位 原産国 用途
紫イペ(パウダルコ)エキス末 粉末 5kg ポリエチレン袋 5kg~ ブラジル 食品
紫イペ(パウダルコ)

紫イペ(パウダルコ)

パウダルコは、南米熱帯雨林に自生する大きな樹木で、高さは通常10~20mくらい、幹の直径は約1~2mである。熱帯雨林の原住民は、インカ時代から伝統的に用いられてきました。南米では、強壮、抗炎症・鎮痛、抗細菌、抗真菌、抗アレルギーなどが知られていますが、樹皮から抽出される成分・ラパコールをはじめ、20種類以上の生理活性成分が見つかっています。

「活力の木」と呼ばれるブラジルを代表するハーブ
パウダルコは、ブラジルの生活に浸透しているハーブであり、ブラジル中のドラッグストアや薬局で入手できます。飲み方としては、単独で摂取する場合と、ハーブ茶として飲むのが一般的です。また、約100年前から医師がこのハーブを治療で使い始め、それ以後様々な有用性が報告されています。
原料の特徴
学名:Tabebuia avellanedae Lorex. Griseb といい、有用性の高いアベラネダエ種です。ブラジルのイエルバラティーナ社により、水とエタノールを使って樹皮から8:1の抽出効率で、製造されたエキス末です。
期待される機能性
  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用
  • 抗菌作用
  • 抗腫瘍作用
価格、資料等の詳細については、お問い合わせください。
画像
画像