株式会社ナチュラリンク

オーガニック健康食品・化粧品の原料販売とOEM企画製造のナチュラリンク

カゼインカルシウム

製品名 性状 包装形態 出荷単位 原産国 用途
カゼインカルシウム
(UP-WELL ENHANCE®)
粉末 アルミ袋 20kg~ オーストラリア 食品
カゼインカルシウム

カゼインカルシウム(速吸収性たんぱく質)

ニュージーランドの大自然の中で、自然牧草だけを食べた乳牛の新鮮なミルクカゼインから作られた、高い腸管吸収性を持つ良質なタンパク質です。ひも状のたんぱく質を細かく切った状態にしているため、スポーツ選手が摂る一般的なプロテインと比較して、約1.6倍吸収が速いことがわかっています。また、カゼインカルシウムはAGEs(終末糖化産物)と強く結合する性質もあることもわかっています。

カゼインカルシウムの機能性
  • 筋肉強化作用
  • AGEs結合作用
吸収性比較試験
吸収性比較試験

汎用プロテインより約1.6倍の腸管吸収性

汎⽤蛋白質とUP-WELL ENHANCE®(カゼインカルシウム)を消化酵素(ペプシン&トリプシン)で処理して、マウスの腸管を通した吸収の速さを比較したところ、左図のように、UP-WELL ENHANCE®は汎⽤蛋白質に比べて約1.6倍速くアミノ酸を吸収しました。

AGEs(終末糖化産物)と結合し、腸管からの吸収を阻害
AGEs(終末糖化産物)と結合し、腸管からの吸収を阻害

AGEs(エージーイー)とカゼインカルシウム

⾷品の中で褐⾊に⾒える部分(例えば、醤油、ソース、⿊ビール、コーヒー)は、風味や⾹りを付けてくれていますが、⾷品中の糖分とタンパク質との反応によって生じたものです。この褐⾊の成分が近年、⾝体の中にも存在することが分かってきました。特に、⾝体の中に常に高い糖を持っておられる糖尿病患者さんでは、この褐⾊の成分が高値を示し、また、糖尿病の⾎管合併症である糖尿病性網膜症や腎症の原因のひとつであることも知られてきました。この褐⾊の成分を、終末糖化産物(英語では、Advanced Glycation End-products;略してAGEs)といいます。この終末糖化産物は、糖尿病患者さんだけでなく、健康な⼈でも⾎管や皮膚の⽼化に関与し、重要な働きをしています。
カゼインカルシウム(UP-WELL ENHANCE®)は食事時に一緒に摂ると、消化管の中で食品中に含まれるAGEsと結合し、腸管からの吸収を阻害します。

食品中のAGEsを吸収させません

食品中のAGEsを吸収させません

動物を使った実験では、カゼインカルシウム(UP-WELL ENHANCE)を摂取することによって、AGEsによって高まった⾎管の炎症を抑えることが確認されています(MCP-1は単球走化活性化因子で⾎管炎症指標となります)。
*特許出願済(出願番号特願2008‐63293)

価格、資料等の詳細については、お問い合わせください。
画像
画像